Fusion ドラムコース

Fusion ドラムコース
※こちらのコースは上級者向けコースになります。
12.22 大阪梅田 Always setting Momoko

Fusionとは「融合」という意味で、現存する様々なジャンルを融合させた音楽です。
海外アーティストのコピーをメインに、全てのジャンルに対応できるようにレクチャーします。
変拍子はもちろん、ダイナミックスやドラムソロにも対応できるようにレクチャーしていきます。

-レッスンカリキュラムの一例-

1.リズムアプローチ
まずはロック、ポップス、ジャズ、ラテンのビートを全体的に知って頂きます。
曲中のリズム・チェンジやソロのバッキングの仕方をレクチャーしていきます。

2.リニアー奏法
フュージョンで意外と役に立つのがこの「Linear」という奏法。
この奏法は音が重なることなく、「線(line)」のようにつながっていく、
ということからそう呼ばれています。
シンコペーションも交えながら、高度なテクニックを身につけていきましょう。

3.変拍子
フュージョンと言えば他のジャンルに比べて多く出てくるのが変拍子。
5/4, 7/4, 7/8, 11/8 etc…といった奇数の拍子がベースになっているリズムを変拍子といいます。
リニアーを使ったり、曲のリフに合わせたパターンを使ったり、
拍子に別の拍子をかぶせたり…アプローチの仕方は様々です。
多くの視点から変拍子を感じれるようレクチャーしていきます。

4.ソロ
自分の持っているフレーズやテクニックを使ってドラム・ソロを組み立ててみます。
まずは簡単なキメに合わせて色々な音符をモチーフにして発展させていきます。
しっかりタイムキープしながら音楽的なソロを目指していきましょう。

参考アーティスト
・Chick Corea
・Mike Stern
・Bob Mintzer
・Gregg Howe
・Dream Theater
・T-SQUARE
・Casiopea

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中